外国人技能実習制度

開発途上国には、経済発展・産業振興の担い手となる人材の育成を行うために、先進国の進んだ技能・技術・知識(以下「技能等」という。)を修得させようとするニーズがあります。
我が国では、このニーズに応えるため、諸外国の青壮年労働者を一定期間産業界に受け入れて、産業上の技能等を修得してもらう「外国人技能実習制度」という仕組みがあります。
この制度は、技能実習生へ技能等の移転を図り、その国の経済発展を担う人材育成を目的としたもので、我が国の国際協力・国際貢献の重要な一翼を担っています。

  1. 技能実習生は、日本で技能を修得し、帰国後、身につけた能力やノウハウを遺憾無く発揮し、母国の発展に貢献します。
  2. 受入企業は、技能実習生を受け入れる ことで、社内の活性化や社員の国際感覚を 養う事が出来ます。
  3. 送出国並びに我国にとって、技能実習生は 国と国との友好の架け橋として、また、双方の 益々の経済発展に貢献する存在となります。

外国人技能実習生受入のメリット

 やる気のある若い人材
実習生は自ら希望して来日し、技術を身につけます。その 為、仕事は真面目に一生懸命取り組みます。実習生のほと んどが20代と若く、活力ある若者です。
 継続的配置が可能
実習生は最長3年間日本に滞在して、技術を学びます。 毎年新たな実習生を受け入れることで、計画的、継続的配 置が可能です。
(優良な監理団体・実習実施者の場合、最長5年間)
3 熱心に技能を習得
モチベーションの高い実習生は、技能の習得に非常に真面目 に取り組みます。作業効率の向上や、職場が活気づくのは、そん な彼らの前向きな姿勢がもたらす効果と言えるかも知れません。
 職場の活性化に貢献
若く活力ある実習生を受け入れることで、職場に活気が 生まれます。また、外国人と職場を共にすることで、従業員 の国際感覚も自然と養われます。
5 帰国後の再就職にも有効
実習生は3年後母国へ戻り、日本で修得した技能を活かせる 職場で働きます。海外へ進出予定がある、または既に進出して いる企業では、母国で日本語が話せて技術力も確かな社員とし て実習生を再雇用することも可能です。

外国人技能実習生制度のイメージ

外国人技能実習生制度のイメージ